講演会情報やお知らせ

発酵の本|2017年6月30日

発売中!小泉武夫著『超能力微生物』

(文春新書)800円+税

 

くさいが美味い! 小さいがしぶとい!酵母、細菌、カビの神パワーに発酵仮面が迫る!!

 

古来から日本人は、麹(酒)、味噌、醤油など、微生物のはたらきを利用した食品を大切にしてきた。発酵によってアミノ酸など「うまみ成分」が増し、保存期間も長くなる。また、健康維持に「腸内細菌」が大きな役割を果たしていることも近年わかってきた。まさに人類は、微生物に支えられて生きてきたのである。

それだけではない。この地球上には人類が考えもつかないような“超能力”をもった微生物が、まだまだ無数に存在していることが明らかになってきた。たとえば、100℃以上の熱湯中に生きる微生物、超高濃度の塩水(死海)に生息する微生物、硫酸なみの強酸や強力放射能を浴びても死滅しない微生物……。

しかも、人類に天の恵みをもたらしてくれる微生物も続々発見されている。動物性脂肪を植物性油脂に変換する微生物、天然希少香料を醸す微生物、汚染物質や有毒化学物質を分解してしまう微生物、天然資源(レアメタル)のありかを探し出す微生物……。もちろん、新たな抗生物質、特効薬を作り出すのも微生物だし、食糧難を解決してくれる可能性さえ秘めている。

分子生物学の進歩によって、「ゲノム編集」「遺伝子組み換え」がブームだ。しかし、人為的にDNAを組み換えてわけのわからない生物をつくるより、自然界にまだまだ人知れず存在する“超能力微生物”を見つけ出してきて利用するほうが、はるかにエコロジカルかつ合理的ではないか。

驚愕の「微生物グルメ」のエピソードも満載!味覚を刺激されつつサイエンスのミステリーにせまる「発酵仮面」の真骨頂ここにあり!

(文藝春秋HPより)

発酵の本|2017年6月30日

新刊のお知らせ!小泉武夫著『食でたどるニッポンの記憶』

(東京堂出版)1500円+税

終戦直後、野山を駆け回っていた小泉少年のお腹を満たした食べもの、懐かしいふるさとの味、そして戦後西洋化した日本の食卓・・・

食文化研究者である著者が、半世紀以上に渡る様々な食との出会いについて綴り、食卓から浮かぶ、戦後から現代までの日本社会と食文化の変遷を描く。著者の個人的「食歴」であり、戦後の日本人の食卓の貴重な記録。

(東京堂出版HPより)

発酵の商品|2017年3月30日

発酵文化推進機構考案の調味料レシピがいよいよ商品化&販売へ

新聞の拡大はこちら >> 

 

黒麹(こうじ)など100%地元産の素材を使った新しい発酵調味料を開発しようと、ゆばなうれ大使(経済大使)の小泉武夫氏が理事長を勤める当機構の考案した地元産発酵調味料レシピ全6種をもとに、新商品の製造・販売を希望する地元事業者を募っていた石垣市は27日、5業者が5レシピを商品化したと発表した。5月以降、小泉氏考案の市公認ブランド「島の発酵食石垣醸し堂」として順次、販売・提供して行く予定。

小泉氏が会長を勤める全国発酵のまちづくりネットワーク協議会の全国発酵食品サミットに合わせ、日本橋の髙島屋で10月4日から1週間、加盟自治体の商品とともに紹介、販売される。

小泉氏は「100%石垣市のものを使っている。ブラックビネガーは日本にない商品。動物性タンパク質や野菜を使った商品は平安時代にあったもの」と希少性を強調し、「作っておしまいではない。機構は今後も商品を育てていく。さらにブラッシュアップしてよりよいものをつくっていきたい」。

 

八重山毎日新聞
2017年(平成29年)3月28日(火曜日)

発酵の講演会・総会|2017年3月7日

第四十四回 3月25日(土) 「発酵の学校<日本橋篇>」 最終回

第四十四回 3月25日(土)14時~16時
発酵の学校<日本橋篇>最終回
講師:小泉武夫(NPO法人発酵文化推進機構理事長)

 

小泉武夫塾長が理事長をつとめる、NPO法人発酵文化推進機構(以下機構)。
発酵文化の推進ならびにその技術の普及を通して、食品、医薬品、化学製品、再生エネルギーなどの分野の、より健全な発展に資することを目的として組織されました。

その機構が、より身近にわかりやすく発酵の魅力を伝えるべく、〝発酵の学校〟を立ち上げ、これまで6回に渡り、発酵の魅力を皆さんと学んできました。
シリーズ最終回では、小泉武夫塾長にご登壇いただきます!

近年、有用微生物を応用した地球環境の清浄化、微生物製剤による癌などの治療、微生物菌体などを用いた人間の食糧の増産など、発酵が持つ驚異的なパワーが知られるようになってきました。
最終回では、近年の発酵革命について、小泉塾長にたっぷりとお話いただきます。

発酵がもたらす新たな時代について皆さんと一緒に考えてみませんか?
今回も毎回好評な試食をご用意。

是非ご参加ください!

 

お申し込みはこちらをご確認ください >>

発酵のイベント|2017年2月8日

日本橋地区・三重テラス連携イベント 第一回 日本橋アカデミー「小泉武夫氏が語る 幻の料亭・日本橋百川」

現在の二重テラスにほぼ隣接する土地に、古典落語『百川』や、幕末ペリー饗応の膳を請け負ったことで有名な料亭『百川』がありました。

「百川」について近年著作を上梓された小泉武夫氏に「百川」や日本橋にの魅力についてたっぷりお話いただきます。往時の日本橋界隈、三重との縁について思いをはせてみませんか?

 

日時 :平成29年(2017年)2月20日(月)
第一部:14時~15時半
第二部:18時~19時半

参加費:無料・事前申込制(先着順)

場所 :三重テラス2階(〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-4-1「YUITO ANNEX」2F)

 

お申込み方法:FAXまたはメールでお願いします。
FAXで応募の方は下記PDFをダウンロードしてお申し込み下さい。

申し込み用紙 (PDF)

FAX:03-5542―1034

mail:eigyo★pref.mie.jp(★を@に変えてお送り下さい)

 

お問合せ先:三重テラス(03-5542-1035)

最近の投稿

新刊 小泉武夫著『骨まで愛して 粗屋五郎の築地物語』

築地の有名マグロ解体人だった五郎が満を持して開店したのは、日...
発酵の本|2019年2月1日

発酵文化推進機構特別研究員・野崎洋光氏(「分とく山」総料理長)著書のお知らせ

著書名:「分とく山」野崎洋光がおくる ~美味しい方程式~『H...
発酵の本|2018年11月6日

発酵文化推進機構・特任研究員の金丸弘美氏の著書『地域の食をブランドにする!』(岩波ブックレット)

新たな観光資源と持続的な地域経済を生む方法として、地域の食に...
発酵の本|2018年10月19日

第六回秋の記念講演終了のお知らせ

発酵文化推進機構第6回秋の記念講演が10月2日(火)日本橋・...
発酵の講演会・総会|2018年10月9日

発酵文化推進機構・特任研究員の金丸弘美氏の著書『食にまつわる55の不都合な真実』(ディスガヴァー・トゥエンティワン出版)

日本人の30代、40代男性は31%が肥満。 小学生の約...
発酵の本|2018年8月30日

秋の記念講演「日本の発酵、世界を駆ける」

NPO法人発酵文化推進機構では、今年も秋の記念講演を開催しま...
発酵の講演会・総会|2018年7月24日

【発酵文化推進機構会員向け】 特定非営利法人発酵文化推進機構 第6期「定期総会」開催のお知らせ

特定非営利(NPO)法人として平成25年5月7日に法人登記を...
発酵の講演会・総会|2018年5月28日

発酵文化推進機構公認・「発酵食品ソムリエ」育成講座。発酵食品の正しい知識を学ぶ「発酵の学校」(全12回講座)

発酵文化推進機構が公認する「発酵の学校」が、いよいよ開校です...
発酵の講演会・総会|2018年3月20日

PAGE TOP